📝 2016年度

調査概要

  • 調査名:立命館大学生の携帯情報端末の活用に関する実態調査
  • 実施期間:2016年12月13日〜2017年1月23日
  • 回答数:568人
    • 生命科学部:191人(33.6%)
    • 薬学部:61人(10.7%)
    • スポーツ健康科学部:231人(40.7%)
    • 総合心理学部:72人(12.7%)
    • 文学部:10人(1.8%)
    • 法学部:3人(0.5%)
  • 学年
    • 1回生:335人(59%)
    • 2回生:217人(38.2%)
    • 3回生:12人(2.1%)
    • 4回生:3人(0.5%)
    • 5回生以上または大学院生:1人(0.2%)
  • 設問数:42問

調査結果(要点)

  • 所有している端末、大学に持ち込んで使用している端末は、どちらもスマートフォンがノートパソコンを抜く。(Q 2-1〜Q 2-2)
  • 授業中に使用している端末はノートパソコンがスマートフォンを上回る。(Q 2-3)
  • 授業内での電子端末の使用用途では、プレゼンテーション、グループワーク、manaba+Rへのアクセスが目立つ。(Q 2-5)
  • 学内Wi-Fiの使用頻度は80%以上が高い頻度(大学に居るとき2日に1回以上接続)。(Q 3-2)
    • 2015年度を10%以上上回る頻度。
  • 学内Wi-Fiへの満足度は、利用可能エリアについて80%以上が、接続速度については約70%が不満を感じている。(Q 3-3〜3-4)
  • タイピングの種別は、スマホ+日本語では82%がフリック入力(Q 4-1)、スマホ+外国語では51%がフルキーボード(Q 4-2)、また、パソコンにおけるタッチタイピングの習熟度は入力時にキーを見る、見ないがほぼ半数に分かれた。(Q 4-3)
  • スケジュール管理には73%が紙の手帳を使用している。(Q 5-1)
  • スケジュール管理をデジタルデータで行っている場合、70%がクラウドを用いずローカルのみで利用している。(Q 5-2)
  • 連絡先管理にはスマートフォンのアプリやメッセージングアプリが用いられている傾向にあるが(Q 5-3)、デジタルデータの管理はクラウドを用いずローカルのみである。(Q 5-4)
  • 写真を撮影する端末としてはスマートフォンが90%を超えて圧倒的だが(Q 6-1)、データ管理におけるクラウドの利用は30%程度である。(Q 6-2)
  • 情報収集に用いるメディアは、紙媒体の新聞や雑誌、テレビ、ラジオ、書籍を抜いてインターネットが圧倒的多数を占めた。(Q 8-1)
  • ネット上への情報発信についてはTwitterによる投稿が圧倒的多数を占めた。(Q 8-6)
  • 読書の際に用いるメディアは紙媒体の書籍が約80%を占め、電子媒体は25%以下だった。(Q 9-1)
  • オンラインショッピングの決済方法ではクレジットカードの利用率は21%程度にとどまった。(Q 9-7)
  • ICT活用レベルの自己評価では70%以上が高い水準を示した。(Q 10-1〜Q 10-2)
  • 大学の情報リソースへの要望(自由記述)では、Wi-Fiの信号強度やカバーエリアに関するものがほとんど。(Q 10-3)

調査結果(詳細)

Ċ
木村修平,
2017/06/05 8:33