📝 2015年度

調査概要

  • 調査名:学生が大学に持ち込む携帯情報端末と学内電子リソースの活用に関する実態調査
  • 実施期間:2015年7月17〜31日
  • 回答数:410人
    • 生命科学部:101人(25%)
    • 薬学部:53人(13%)
    • スポーツ健康科学部:112人(27%)
    • 法学部:133人(32%)
    • その他:11(3%)
  • 学年
    • 1回生:206人(50%)
    • 2回生:151人(37%)
    • 3回生:27人(7%)
    • 4回生:22人(5%)
    • 5回生以上または大学院生:4人(1%)
  • 設問数:20問

調査結果(要点)

  • 所有している端末、学習に使用している端末は、どちらもスマートフォンがノートパソコンを抜く(Q 4〜Q 6)
  • 授業内での電子端末の使用用途では、プレゼンテーション、グループワーク、manaba+Rへのアクセスが目立つ(Q 8)。
  • 学内Wi-Fiの使用頻度は70%以上が高い頻度(大学に居るとき2日に1回以上接続)。(Q 10)
  • 学内電子リソースの活用状況は、manaba+Rが圧倒的に多い。次いで学内メール、大学図書館DBの利用。(Q 12)
  • ICTの学習への活用についての自己評価では70%以上が高い水準のリテラシーを示す。(Q 17)
  • 大学の情報リソースへの要望(自由記述)では、Wi-Fiの信号強度やカバーエリアに関するものがほとんど。(Q 20)

調査結果(詳細)

Ċ
木村修平,
2017/06/05 8:32